興味あるテーマを見つけて英会話上達 パトリシア先生(浮間舟渡/蓮根(カフェ)) ETCマンツーマン英会話

マンツーマンETC英会話 パトリシア先生Q 先生は英語とフランスを話されるのですね

父がイギリス人で母がベルギー人のため、私は両方の言葉を話します。生まれは”マウントソレル”というイギリスの小さな町です。私が12歳の時にベルギーに引っ越しました。
My father was British, and my mother was Belgium. That is why I speak the both languages. I was born in Mountsorrel, a little town in England. When I was 12 years old, my parents decided to move back in Belgium.

Q 日本には何年住んでいるのですか?

36年になります。夫は日本人です。
36 years now. My husband is Japanese.

Qお仕事はフランス語と英語の教師をされているのですね。

はい、フランス語と英語を教えています。
Yes, French and English.

Q どうして語学の先生になろうと思ったのですか?

外国語に興味があったのです。ベルギーには、日本と違いたくさんの外国人が住んでいます。私の友達の多くはベルギーで生まれ、ベルギーに住んでいるベルギー人です。でも、彼らのルーツは、イタリア人、スペイン人、ポーランド人、トルコ人、ギリシャ人、等々。彼らの両親の家に行くと、親たちは出身国の言葉で話していたり、時にはフランス語(ベルギーの公用語)でさえ上手く話すことができない人たちもいました。
I had interest in foreign languages. In Belgium, you have a lot of foreigners living there, not like Japan. So most of my friends were living in Belgium, they are Belgian, because most of them were born there. But their background was Italian, Spanish, Polish, Turkish, Greek, whatever. So when I was going to their parents’ house, the parents were speaking their own native language. Sometimes they even couldn’t speak very good French.

また、ベルギーでトラムに乗っていると、ポルトガル語、スペイン語、イタリア語などの外国語が聞こえてきます。それが、私の耳に入るようになり、話すことは出来きなくても、聞くことができ、理解することができるようになりました。13、14歳の時に、こんなことを思いました。「第二外国語を少なくともひとつ、皆が学べばいいのに。そうすれば、すべての人が意思疎通できるようになる」
And also in Brussels you take the tram, you hear everyday different foreign languages, like Protegees, Spanish and Italian. So it goes in your ear, sometime you couldn’t speak, but I was able to hear and understand. And when I was like 14 or 13, I thought, “why everybody doesn’t try to learn at least one foreign language? Then everybody will be able to communicate together.”

マンツーマンETC英会話 パトリシア先生そう思った理由には、既に三つの言語がベルギーの公用語になっていたこともあります。フランス語、オランダ語、そして、ドイツ語です。ベルギーの国土自体はとても小さいのですが、完璧に分断されています。南はフランス語圏、北はフラマン語圏(ベルギーで話されるオランダ語)。文化も考え方も食べ物も、すべてが異なっています。例えば、南部では茶色い髪の人が多いのですが、北部では、オランダ、デンマーク、スウェーデンなどのように金髪の人が多い。全く異なった文化圏なのです。
Because my country, Belgium, already has 3 national language: French, Dutch and German, a little part. And the country is very small, but it’s really cut into. South part, French and north part, what we called Flemish, is the Dutch part of Belgium. Culture, way of thinking, food, everything is different. In the south part, you have a lot of people with brown hair, but in the north part, you have a lot of people with blond hair, that is more like from Holland, Denmark, Sweden, or whatever. So it’s really 2 different culture.

Q 一度ベルギーに行ったことがあるのですが、食べ物が本当に美味しいですね。

ベルギーにいるたくさんの外国人が、母国の食べ物を本場の味そのままにこの国に持って来るからなのです。ベルギーに帰った時に、私が必ず食べるものが3つあります。ムール貝、ウサギ肉と酢漬けのプルーンのシチュー、そして、ハム巻きアンディーブのチーズソース・グラタン。美味しいですよ。そして、もう一つ、ベルギー料理ではありませんがクスクスです。
Because we have a lot of foreigners in Belgium, they bring their own food, but it’s their real food. Every time when I go back to Belgium, there are three things I want to start eating, mussel, rabbit stew with vinegar prune and then after endive with roll in hum and white cheese sauce gratin. It’s delicious. And also one requested, that’s not Belgium, but I like Kuskus.

Q ドイツ人の友人が、ベルギーのビールが一番美味しいと言っていました。

beer-image.jpgその通りです。フランスでは一年中毎日ひとつのチーズを、と言われるほどに有名ですが、ベルギーでは毎日一本のビールをと言われるほどに、ベルギーのビールは美味しいのです。でも、アルコール度数が高いので気をつけてくださいね。日本のビールのように飲んでしまうと、1、2本飲んだだけで、床に倒れ伏してしまうでしょう。ベルギーのビールは味わうビール。ワインのようにゆっくりと飲んでください。私のお気に入りの銘柄は「クリーク」。チェリーから作られ、大根も少し入っています。やや酸味とにがみがあります。夏の暑い日にはお奨めです。
This is true. I mean France has a reputation to have one cheese for each day of the year. Belgium has a reputation to have one beer for each day. But, be careful when you drink them, because the alcohol is very high. You have to drink that like wine very slowly. If you do like Japanese beer, after one or two, you will swamp on the floor. It is more like degustation beer. My favorite one is Kriek. It’s made with cheery and little radish. Taste is a little sour and bitter. So in summer, when it is very hot, you have Kriek.

Q 生徒さんの英語力をアップするために、アドバイスはありますか?

マンツーマンETC英会話 パトリシア先生生徒さんの英語力をアップさせるには、英語に対する興味をアップさせることが最も大切です。興味を持てば、質問するようになる、そして話すようになってきます。
If you want to have students improving their English, I think the most important thing is improving their interest in learning English. So if they are interested in something, then they will ask questions, then they will start talking.

Q リスニングの力をつけるにはどうしたらよいでしょう。

もし、ジェイコムなどケーブルテレビを視聴することが可能でしたら、いろいろな英国の番組を見ることをお奨めしたいです。映画、ドキュメンタリー等など、出来るだけたくさん聴いてください。理解できなくても、気にすることはありません。少しずつ、単語が耳に入ってくるようになるでしょう。
If people have a chance to have cable TV, like J:com, I would recommend to look all British programs, and to listen to the maximum as possible, the movies, documentaries, and things like that. Even if they don’t understand, there’s no matter. The words, little by little, will go in your ears.

これは私が日本に来た時に、日本語を学ぶために行った方法なのです。朝から晩まで日本語のテレビ番組を見ていました。最初は「何を言っているんだろう?」という感じで、単語さえ聞き取ることが出来ませんでした。それが、2、3ヶ月たった頃に、単語ごとに分割してわかるようになってきました。そこで、聞き取れた音の通りに紙に書き留めて、夫が帰宅したら一つずつその意味を質問したのです。
That’s what I did, when I came to Japan for Japanese, I watched Japanese Television from morning to night. In the beginning, it was just like “what are they talking about?” I even couldn’t make separation for the words. And then after 2 or 3 months, I was able to start separating the words. Then I was starting writing phonetically on a piece of paper. When my husband was coming back home, I said, “What is that mean? What is that?”

Q 熱心にテレビをご覧になったのですね。何か夢中になってご覧になった番組があったのですか?

sazaesan.jpg『サザエさん』が大好きなのです。今でも時々見ています。『サザエさん』は日本の典型的な家庭が題材になっているので、皆、普通の日本語を話しています。正しい言葉、耳障りがよく簡単な言葉を使い、アカデミックな言葉、難しい言葉、流行り言葉、悪い言葉などは使いません。私は『サザエさん』からたくさんの日本語を学びました。
I love “Sazae-san” and I still once in a while look at it. I learn a lot of Japanese with Sazae-san, because Sazae-san was based on a regular Japanese family, they were speaking normal Japanese and using proper words, nice words, and easy words, but not academic words or difficult words, no slang, no bad words.

また、決して見逃さなかったお気に入りの映画もありました。『男はつらいよ』私はこの映画が大好きなのです。コメディではありますが、常に人と人との関係について描いていますよね。この映画からもたくさんの日本語を学びました。
And also my favorite movie, I didn’t miss one, “男はつらいよ” Really I love the movie. It was a kind of comedy, but always talking about human relationship, and I learned at lot with that too.

(*) ご家庭の事情で現在カフェでのレッスンとなります。