マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • バイリンガルだから教えられること - イネス先生(尾山台、二子玉川、自由が丘、渋谷、恵比寿等) ETCマンツーマン英会話

     

    IMG_6091- 先生はバイリンガルでいらっしゃるのですね。どのような言語環境の中で育ったのですか?

    父はイギリス人、母は日本人、私は東京で生まれました。父と話す時は英語、母とは日本語で、友人とは英語と日本語の両方で会話をします。幼稚園から高校までインターナショナルの学校に通っていました。大学はカナダのバンクーバーで心理学を専攻しました。実は海外で暮らしたのは、その時が初めてだったのです。

    - 初めての海外生活はいかがでしたか?

    とても苦労しました。大学では毎日たくさんの本を読まなければならず、宿題も連日かなりの量が出されました。不便に感じたのは交通手段。東京では交通網が発達していてとても便利なのですが、カナダではあらゆる施設が全土に散らばっているようで、どこへ行くのにもかなり時間がかりました。治安も悪く、自転車なども日本のように道端に駐輪しておくと、すぐに盗まれてしまいます。夜も一人では外出しませんでした。

    一方、色々な人たちとの出会いもありました。住居は9人の方とのシェアハウス。緑豊かな美しい国ですが少し退屈に感じました。卒業後は私にはより刺激のある東京に帰ることにしました。

    IMG_6144

    - 英語を教えようと思われたきっかけは?

    自分の能力が生かせて、且つやりがいのある仕事をしたかったかったのです。日本では、上司、同僚、取引先など、英語でのコミュニケーションが必要となる機会が増え、英語力をつけることがますます重要になってきました。英語を学びたいと思っている日本人の方に、英語を日本語で教えられることができる私の能力が役に立つと思ったのです。

    - 日本人は中学、高校と長い時間をかけて英語を学んできているのですが、いざ海外に行くと現地の方が何を言っているのか全く分からず、ショックを受ける方がたくさんいらっしゃいます。どこに問題があるのでしょうか?また、どのように克服したらよいのでしょうか?

    日本人の生徒さんは、私が話す英語が理解できなくても、それを文字にして読んでもらうと、完璧に理解できることがよくあります。これは、英語を音ではなく、教科書やワークシートなどを使って文字中心で学んできているからなのです。生の英語をもっとたくさん聞くこと、繰り返し会話をすることが必要だと思います。英会話のCDを聞いたり、英語でテレビドラマやショーを見ることも役に立つと思います。

    - 生徒さんの目的にあわせて、レッスンをカスタマイズされたご経験はありますか?

    たとえば看護師の生徒さんには、医学用語のワークシートを作成してレッスンで使用しています。毎日職場で使っている専門用語も、いざ英語となるとわからない語彙がたくさんあると思います。また、医療に関連する新聞記事などを教材にしてレッスンを行うこともあります。

    IMG_6228- 先生ご自身が頭の中で考えているときは、英語と日本語、どちらを使っているのですか?

    普段は英語で考えています。でも、時々日本語になります。英語にはない表現が日本語にはたくさんあるからです。「微妙」、「面倒くさい」、「てきとう」、「だるい」のような日本語です。

    - たとえば、「もったいない」は英語ではなんというのですか?

    いい言葉ですね。”it is a such waste”でしょうか。でも、この「もったいない」という考え方を外国人に教えるは難しいのです。

    - 「おもてなし」は?

    “hospitality”、もしくは”entertain”.

    - では、「昨日観た映画どうだった?」と聞かれて、「微妙」と答える場合は英語では何と言ったらいいのでしょう?

    この「微妙」を英語に訳すのは本当に難しいです。これにあたるちょうどよい英語がないのです。学生時代も日本が大好きな友達が多かったのでよく質問されたのですが、本当に説明に困りました。

    敢えて言うとすれば、“It was not bad”、”not good, not bad”、”It was so-so”、などですが、これも意味が違うのです。

    -「微妙」には、どちらかというと批判的な意味が含まれていると思うのですが、それが英語表現になると無くなってしまうわけですね。また、映画が良いか悪いかあまりはっきりとは言うのはできれば避けたい、というような話し手の思いも感じますが、そういうニュアンスも英語で伝えるのは難しそうですね。

    そうなんです。日本語は英語よりもピンポイントで物事を表現できる言葉だと思うのです。

    IMG_6047- ピンポイントとは?

    使える範囲はとても狭くて限られるのですが、ある特定な状況における特定の状態を、より正確でぴったりの言葉で表現しているとうことです。

    -なるほど。このような日本語の特徴を理解されていて、それを英語で伝えることの難しさもご自身で体験されてることが、イネス先生の強みでもあるわけですね。最後に先生の趣味をお聞かせください。

    ジムで運動すること。 最近は、常に身体を動かさないと体調が悪くなってしまうようです。ピラティスなどをやっています。あとは、映画を観ること。コメディやラブストーリーがお気に入りです。最近見た映画では『Ted』がお勧めです。ショッピングなども大好きです。

    - 今日は楽しいお話を有難うございました。

    [了]

    (*)事務局より
    レッスンはカフェで行います。出張可能範囲は尾山台、二子玉川、自由が丘、渋谷、恵比寿等です。詳細は事務局にお問い合わせください。(掲載14.8.11)

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る