マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • 英語はひとつではありません チャールズ先生(横浜・大坂上) ETCマンツーマン英会話

     

    charles_wp02Q お生まれはどちらですか?

    ハートリプールという北海の小さな町で生まれました。ハートリプールはダラム・カウンティに属し、スコットランドの国境から約40マイルのところにあります。私が子供の頃の主な産業は漁業と鉱業でした。そこには数年住んでいただけで、スコットランドのロック・ローモンドに引っ越しました。ロック(Loch)とは、スコットランド語で湖という意味です。最近ではゴルフコースで有名ですね。その後、アスコットに移りました。また、かつてイングランドの首都であったキングストン・アポン・ハルという主要都市に住んでいたこともあります。
    I wan born in a small town on the North Sea called West Hartlepool. It is in County Durham, and about 40 miles from the border of Scotland. When I was young, the main industry was fishing and coal mining. But I spent very few years of my early childhood for there, then we moved to Scotland, and lived in the Loch Lomond area. “Lock” is the Scottish word for lake. And in these days, Loch Lomond is famous for its golf course. Then my parents moved to a place called Ascot. I also lived in navel cities like Kingston upon Hull, which is used to be one of the capitals of England

    Q 先生の職歴についてお聞かせください。

    英国では精神医学の看護士が本職でした。また、ホテル経営も行っていました。その後、コヴェントリー大学の特別コースで教職免許を取得して、日本で英語を教えることができるようになりました。最初は二子玉川のAITで約3年、そして、八王子の創価ハイスクールシステムで約3年、松戸の昭和学院で約3年、同時期に空いた時間を利用してビジネススクール等でも教えていました。企業向けには、東京ガス、丸紅等で講師をしていました。日本には約25年間住んでいます。
    In England, real work was like I used to be psychiatric nurse and I also did hotel management. Then I went on a special course to get a teaching certificate from Coventry University, so I could teach in Japan. The first company I taught for was AIT in Futakotamagawa for about 3 years. Then I taught for Soka high school system in Hachioji area for about 3 years. And I also taught at Showa Gakuen in Matsudo for about 3 years. While at same time, I was teaching for English business school systems as well as in my spare time. On business, I taught Tokyo GAS, Marubeni, et cetera. I have lived in Japan almost 25 years.

    Q 日本人は長い期間学校で英語を学んでいても、実際に海外に行くと英語がわからず、ショックを受けることがあります。より実用的な英語を学ぶために、良い方法はありますか?

    マンツーマンETC英会話 チャールズ先生(横浜)様々な英語の訛りを数多く聞くのが良いでしょう。日本人の方は一つの単語に対して、一つの発音の仕方しか知りません。でも、実際はいろいろな発音のされ方があるのです。簡単な単語「can」を例に挙げて説明しましょう。イングランドのいくつかの地域では、「カン」と発音します。でも、スコットランドでは「キン」と発音します。例えば「I can’t understand you.」が、「キネ・アンダスタンデュゥ」のように発音されます。ですから、英国に出張する際には、どの地域に行くのかによって、その地域に対応した訛りを教える必要があります。
    It is good to listen to English in many different dialects. You can only say each word in one particular way, but it can be said in many different ways. Let’s use the simple word like “can”. In some parts of England, they will say [kan]. But if you hear “can” in Scotland, they will say [kin] like, “kine understand you”. (=I can’t understand you.) So if they are going to work in England, depends on where they are going to work, you have to teach cross regional dialect in English.

    美しい英語が聞きたければ、ぜひインバネスに行ってみてください。ネッシーで有名な場所です。インヴァネスの人々はイングランドよりもきれいな英語を話しており、スコットランドアクセントがほとんどありません。
    If you want to hear beautiful English, you should go to Inverness, which is famous for Loch Ness monster. In Inverness, they speak better English than England, and hardly any Scottish accent.

    Q イギリスと日本は文化的にどのような違いがあるとお感じですか?

    日本とイギリスとは多くの部分で共通しています。私たちはどちらも島国ですし、過去において民族内での被征服の歴史があり、また国としての特性と独立性を保っています。そして、言語においては間接的な表現を用います。日本人は誰に対しても「no」ということが不得意ですね。その代わりに「maybe」という言葉を使います。でも、日本人のことを理解しているなら、日本人が「maybe」と言った時は、通常は「no」の意味であるこを知っているでしょう。
    England and Japan also have all things in common. I mean, we are both island nations. We are both in past controlled a lot of countries within ethnicity. We both manage to maintain our individuality and independence. We are an indirect language, meaning Japanese have a hard time saying “No.” to anyone, and use it as the phrase that means “maybe”. But if you understand Japanese, you know that “maybe” usually means “no”.

    マンツーマンETC英会話 チャールズ先生(横浜)一方、アメリカ英語は、韓国語と同じように直接的な表現の言語です。彼らは、日本人には失礼だと思えるような点まで物事を直接的に表現します。しかし、彼らは決して礼を欠いているわけではありません。彼らの言語を彼らの方法で使っているのです。
    But American English is a direct language, like Korean is a direct language. They say things directly, almost to the point where Japanese think they have been rude. But they have not been rude. They are using their language in the way they use it.

    アメリカ英語とイギリス英語には多くの違いがあります。イギリス英語のほうがずっと間接的です。例えばボクサーのカシアス・クレーのように「私が一番だ」などというイギリスはまずいないでしょう。当事彼は最も強いボクサーだったのでしょうけれど、もしイギリス人であれば、「I am not badder at boxing」(ボクシングが不得意ではない)というような言い方をするでしょう。たぶん本当は「私はかなりボクシングが上手い」ということを意味しています。
    There is a lot of difference between American English and British English. British English is far more indirect. You wouldn’t find English person saying something like Cassius Clay, “I am the greatest.” Maybe he was at that time, but English would say, “I am not badder at boxing”, real meaning is maybe, “I am fairly good at boxing”.

    Q マンツーマンのレッスンは生徒さん毎にカスタマイズされているのでしょうか?

    なぜ生徒さんが英語を学びたいのか、どのようなお仕事をされているのかによってカスタマイズしています。もしビジネス英語が学びたいのであれば、ビジネス上の表現方法をお教えします。もし銀行にお勤めでしたら、銀行業務に関する素材を集めて、銀行業に関連する英語を教えています。ホテルにお勤めの方でしたら、丁寧な英語と接客の仕方を教えています。コンピューター会社に勤めていて、電子機器を販売している方でしたら、その分野で使われる英語を教えるでしょう。また、海外旅行に行くために英語を学びたいのでしたら、旅行英語をお教えします。でも、レッスンを行うのに際して基本的な考え方は同じ、生徒さんが必要としている言葉を教えるということです。
    It depends on why they want to study English, and what kind of business they are doing. If they want to study business English, then I teach business phraseology. If they are doing baking, then I will try to find the baking material and teach them baking English. If they are doing hotel work, I teach basic courtesy English and how to deal with their guests. If they are working for computer company, and selling electronic goods, then you will find language based on that kind of area. If they are studying just for touring, then you will teach them tourist English. But basic concept to teach English is the same. It is just giving them the language they need.

    マンツーマンETC英会話 チャールズ先生(横浜)Q 先生の趣味を教えてください。

    本を読むのが好きです。コナン・ドイルの『シャーロックホームズ』、チャールズ・ディケンズ、トーマス・ハーディ、劇作家では、『ピグマリオン』(マイフェアレディの原作)等を書いたジョージ・バーナード・ショー、詩人では、パーシー・ビッシュ・シェリー、現代詩人ではアレン・ギンズバーグ、ローレンス・ファリンゲティ等が好きです。
    I enjoy reading. And I used to like reading books like, Conan Doyle、”Sherlock Holmes”, Charles Dickens、Thomas Hardy、play writes, like George Bernard Shaw who wrote “Pygmalion” et cetera. Poetry, poet I like Percy Bysshe Shelley. I like some modern poets like Allen Ginsberg and Lawrence Ferlinghetti.

    日本人作家の本も数多く読みました。村上春樹、三島由紀夫。清少納言の枕草子、源氏物語も読みました。源氏物語はファンタジーのようですが、枕草子は作者の時代の活き活きとした現実を書き綴った作品ですね。清少納言は著名歌人の娘でしたが、彼女の歌もとても興味深いです。彼女が30歳を過ぎた頃にこんな歌を詠んでいます。「年經れば齡は老いぬしかはあれど花をし見れは物おもひもなし」。今日本で30歳といえば女性が一番美しい年齢です。でも、当事は女性の30歳と言えばすでに老いた年齢ということになってしまう。時代は変わりましたね。
    I also have read lots of Japanese books, like Haruki Murakami, Yukio Mishima. I have read Seishonagon’s pillow book, and GENJI MONOGATARI, which I found that I think Genji is more like fantasy, but Seishonagon is more like real reality of her time. I understand that Seishonagon was a daughter of famous Waka poet. Her poetry is quite interesting too, because I think her age over 30 she wrote something “time has passed and age has come my way. But I need only look at this flower for all my cares to fade away”, which means these days even in Japan, age 30 is a peak of woman’s beauty. But in those days, I think 30-year-old woman was like old woman. Times change.

    Q スコットランドの歴史を学ぶために、お奨めの映画はありますか?

    とても古い映画ですが、いつかあります。『ウイスキー・ガロア!』はいかがですか。スコットランドの小さな漁村でのお話です。大量のウイスキーを積んだ船が沈没し、漁民たちはウイスキーを救い集め、それを隠してしまいます。国税局はこのウィスキーに課税しようとしますが、漁民たちは持っていないと嘘をつく、というコメディ映画です。
    There are some very old movies, which you might like this one called, “Whisky Galore”. It is story about small Scottish fishing community, a boatload of whisky sank off their shore, and they rooted all this whisky and hide it. And Inland Revenue wants to get tax on this whisky, but they pretended they don’t have it. So it is a strange story

    マンツーマンETC英会話 チャールズ先生(横浜)他の映画ですと『ロブロイ』、メル・ギブソンがウォーレスを演じた『ブレイブハート』などからも、少し歴史が学べるでしょう。すべて歴史ドラマです。ただし、ある部分は事実に基づいていますが、ある部分は全くのフィクションだったりします。軽い内容の映画でしたら、かなり古いミュージカルですが、『ブリガドーン』がお奨めです。
    Other movie like “Rob Roy”, Mel Gibson played as Wallace, “Braveheart” is so good one to learn a little bit. All movies are historical dramas. There is some truth there, but not total true. Light way movie is very old musical called “Brigadoon”.


    ☆チャールズ先生ご出演のRadioETC/ポッドキャスティング

    英語の方言を学ぼう
    英語で枕草子
    スコットランド英語が学べるコメディ映画

    ◎Robert Burnsでスコットランド英語

    Robert Burnsでスコットランド英語 - Caledonian bard とは
    ビジネス英語とRobert Burns
    ビジネス英語と英語訛り
    スコットランド英語の発音の特徴
    英会話上達にはdictation
    Robert Burnsでスコットランド英語 - "To A Mouse"(朗読)
    Robert Burnsでスコットランド英語 - "The Twa Dog"(朗読)
    Robert Burnsでスコットランド英語 - "It There Fore Honest Poverty"(朗読)
    Robert Burnsでスコットランド英語 - Burns' Night とは
    Robert Burnsでスコットランド英語 - "To A Haggis"(朗読)

    ◎BBCコメディ『The Thick Of It!』を観ながら

    not before time"の意味は
    "kind of"と"sort of"の意味は
    "I was sucked in"の意味は
    "flip-flop"の意味は
    "come up with"の意味は
    "bread-and-butter"の意味は
    "belt-and-braces"の意味は
    "you are on the ball"の意味は

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る