マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • マンツーマン英会話ワンポイント・レッスン~Bayonet constitution

     

    q_mark.gif
     1887年7月ハワイでクーデータが起こり、王制に不満を抱く白人達がハワイ国王カラカウアにガンを突きつけ、彼らが作成した憲法にサインするように求めたそうです。その憲法のことをBayonet constitution と呼んでいますが、どのような意味なのでしょうか。

    a_mark.gif
     まず、bayonetですが、これは兵士用ライフの先端についているナイフのことです。槍として、敵を突き刺すために使うことができます。Bayonet constitutionとは、国王が暴力的な脅迫の元に強要された憲法という意味です。

    q_mark.gif
     一般的に、そのように制定された憲法のことをBayonet constitutionと呼ぶのでしょうか。

    a_mark.gif
     いいえ。このときのハワイの憲法についてのみ使われています。他の国の例では、それぞれ異なった言い方があるのだと思います。

     また、「暴力で相手を脅し、言うとおりにさせる」という表現では、たとえば日本にペリーが来航して開国を迫ったような外交の方法を、Gunboat diplomacy(砲艦外交)と言います。

    【解説】[ETCマンツーマン英会話 ビル先生 (新高円寺)]

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る