映画『AMANDLA!』(アマンドラ!希望の歌)でアフリカ英語

artists_amandla_photo アフリカのザンビアを8月に旅したときに、朝と夜の温度差に驚きました。朝は寒く長袖のジャンバーが必要なのに、昼間は30度を超えます。どうしてこんなにも温度差があるのだろうかと疑問に思いましたが、理由は簡単。夜は日が沈むので寒くなり、昼は太陽が真上から照り付けるから暑くなる。そんな当たり前のことを、都会の空調の効いたビルの中で暮らしていると、すっかりと忘れてしまっているのでした。

 映画『AMANDLA!』は、アパルトヘイト政策による筆舌に尽くしがたい抑圧を受けていた黒人の人々が歌によってどれほど勇気付けられ、力を与えられ、生きる希望を見出していったのかが描かれています。

 言葉に音程とリズムがついたものが歌だとすれば、なぜただそれだけのものに、人々を高揚させ、死の淵から立ち直るほどの力があるのか、改めて考えさせられました。もしかしたら、販売商品としての音楽にどっぷりと使ってしまった生活の中で、歌自体が本来の力を失ってしまったのかもしれません。

 女優であり歌手でもあるSophie Mgcinaさんの歌が印象に残っています。彼女は、映画『CRY FREEDOM』『A DRY WHITE SEASON』などにも出演されています。使用人の黒人メイドが、雇い主である白人の奥様に訴えています。

Madam, please,
before you shout about your broken plate,
ask about the meal my family ate.
奥様 お皿が割れたと嘆く前に
今日私の家族が何か食べたか尋ねて下さい

Madam, please,
before you laugh at the watchman’s English,
try to answer in his Zulu language.
夜警の英語を笑う前に
彼の言葉ズール語で答えてみて

Madam, please,
before you say that driver stinks,
come! – take a bath in a Soweto (South West Township) sink.
運転手の身体が臭いと言う前に
ソゥエトの狭い流し台で洗ってごらんなさい

Madam, please,
before you ask me if your children are fine,
ask me when – ask me when I last saw mine.
自分の子供の心配より
私がいつ子供に会ったかを尋ねて下さい

Madam, please,
before you call today’s funeral a lie,
ask me why my people die.
Ask me why my people die.
今日葬式があるなんて嘘でしょと非難する前に
なぜ私の仲間が死んだか
その理由を尋ねて

Madam, please.
奥様、お願い

A South African song, as performed by Sophie Mgcina

Sophieさんは、この映画の公開の3年後、2005年に67才で亡くなっています。

http://youtu.be/_UC5FlwPokY