マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • 映画『Red Dust』(ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト)でアフリカ英語

     

    RedDust Truth and Reconciliation(真実と和解)。1994年新しい南アフリカの初の大統領に就任したネルソン・マンデラは、一番危険なマイノリティ集団であるアフリカーナ(南部アフリカに居住するオランダ系住民)たちと和解することに最大の関心を抱きました。

     その目的のために、マンデラは自ら率先してその和解の象徴となる行動をとります。ボータ元大統領、アバルトヘイトの主要考案者であるヘンドリック・フェルウールト元大統領の未亡人のそれぞれの自宅を訪ねました。ロベン島の前指揮官であるヨハン・ウィルムセ将軍を夕食に招きました。さらに、マンデラを起訴して終身刑を宣告したパーシー・ユタールと昼食を共にしたり、アフリカーナの教会の日曜礼拝に加わったりもしました。

     そして、ラグビー・ワールドカップの決勝戦で、マンデラはスプリングボクスのジャージを着用して、競技フィールドへと踏み出しました。一人のカラードを除いて全員がアフリカーナで構成される南アフリカ・ラグビーチームが一体となったことを示しました。

     1994年の総選挙に先立つ交渉において、国民党はアバルトヘイトに対する大赦を望みました。ANC(アフリカ民族会議)はこれを拒絶しますが、デクラークとマンデラは、個々人が真実を告白し、それぞれの行動が政治的理由によるものだと証明できた場合には、彼らに恩赦を与えるという権限をもつ委員会を設置することで、最終的に合意しました。

     映画『Red Dust』は、次のような説明から始まります。

    For almost fifty years a white minority maintained power in South Africa.
    The Black Majority struggled to gain freedom from brutal repression.
    約50年間、南アフリカでは少数の白人が権力を握り、
    黒人は厳しい弾圧からの開放を求めて苦闘した。

    In the early nineties, the white government ceded to demands to release Nelson Mandela from prison and agreed to democratic elections.
    1990年代初頭白人政府はネルソンマンデラを釈放し民主選挙を認めた。

    Government security forces wanted assurance that they would never be prosecuted for human rights' violations they committed enforcing white rule.
    But amnesty was only offered to those who publicly confessed all their crimes - including torture and murder.
    白人支配時の拷問や殺人の罪については、真実を自白した者に恩赦が与えられた。

    This compromise was reached to help avoid civil war.
    市民戦争を避けるためである。

    The Truth and Reconciliation Commission was set up to hear these claims for amnesty.
    The hearing were the opposite of a criminal court.
    If you told the truth about your crimes, you would never be prosecuted for them.
    そして真実和解委員会が発足。
    聴聞会は通常の裁判と逆に加害者はすべての真実を話せば罪に問われなかった。

    As the Truth and Reconciliation Commission traveled the country, many old wounds ware reopened...
    聴聞会は国中を巡回して開かれ多くの古傷が開かれた…

     果たして真実和解委員会(TRC:The Truth and Reconciliation Commission)は、人種の和解を成し遂げることができたのでしょうか。『南アフリカの歴史』(レナード・トンプソン著) には、次のような記述がありました。

     国民党は自分に不利な大量の文章をはきすることで調査を妨害しようとしたが、TRCはアバルトヘイト体制の代理人たちの凶悪な振る舞いに関する多くの情報を発見し、公表した。TRCはまた、一部のANC工作員もまた深刻な罪を犯したことを示した。しかし、TRCは、人種の和解という大義を推し進めることはできなかった。それどころか短期的には、南アフリカ社会における人種的な境界線を際立たせるという、逆の結果を招いてしまった。さらにTRCは、政治暴力の犠牲者に正義をもたらすこともできなかった。数多くの殺人者たち、拷問者たちは、自分たちの犯罪について話すことと引き替えに自由に歩くことができたが、犠牲者たちのほうは、補償委員会からたいした賠償を受け取ることができなかった。ネルソン・マンデラとデスモンド・ツツを含む多くの南アフリカ人たちの立派な努力にもかかわらず、人種は南アフリカの基本的な境界線であり続けたし、階級がますます重要になってきていた。

    『南アフリカの歴史』(レナード・トンプソン著) より

    0912mine 暴力で国土を手に入れた白人から、暴力で奪還しようとした黒人。暴力では何も解決しないこと。相手を許し和解を試みようとしても、暴力を通して生まれた互いへの怨恨は、次から次へと負の連鎖を生み、とどまることを知らず、簡単に断ち切ることはできないこと。どんなことがあっても暴力は避けるべきものであること。

     そんなことを南アフリカの歴史が教えてくれるような気がしています。

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る