映画『Shadow Dancer』でアイルランド英語

13022201_Shadow_Dancer_01 Shadow Dancer とはたった一人でダンスを踊る人のこと。ダンスパートナーは影。影を相手に一人孤独に踊る人を意味します。1人でダンスを踊っているのか。それが、この映画の見所でもあります。

 80年代後半、一切の妥協を認めない武装闘争を行っていたIRAに、和平交渉へと向かう転換期が訪れます。それは、IRAと関係の深いアイルランドのナショナリズム政党のシン・フェイン党のアダムス議長と、カトリック穏健派政党のSDLP(社会民主労働党)のヒューム党首が対話を始めたことがその始まりだと言われています。

 同時代は世界情勢も大きく変わった時代でもありました。89年夏に旧ソ連中心に社会主義陣営が崩壊。このことがIRAの停戦を促してゆきます。銃撃戦や爆弾闘争だけではなんの成果も得られず、サッチャー政権の空軍特殊部隊(SAS)を使った「射殺政策」にIRAは大きな打撃を受け、カダフィー大佐がIRAに送った武器・弾薬を積んだ船が拿捕されてしまうなど、IRAには軍事的にも勝てる見込みがなくなっていました。彼らには「新しい考え」が必要とされていたのです。また、90年11月にサッチャー首相が退陣し、メジャー新政権が誕生したことも時代の流れを変えてゆくきっかけを与えてゆきます。

 そんな流れを経て、1993年12月15日、アイルランド政府の首脳陣がロンドンにとび、英首相官邸で両国首脳の共同声明、いわゆる「ダウニング街宣言」が発表されます。

 映画『Shadow Dancer』の中でも、そのときのメジャー首相の会見が紹介されています。

Prime Minister Major:
THE TAOISEACH AND I HAVE AGREED ON A JOINT DECLARATION ON NORTHERN IRELAND.
アイルランド共和国首相と私は北アイルランドにおける共同宣言に同意しました。

IT MAKES NO COMPROMISE ON STRONGLY HELD PRINCIPLES.
強く誓った原則に妥協はありません

OUR MESSAGE IS CLEAR AND SIMPLE– THERE IS NO FUTURE IN VIOLENCE.
我々のメッセージは明確で単純であります。暴力に未来はありません。

 しかし、その共同宣言の内容は一見して矛盾した表現を含む文章になっていました。

1)英政府はアイルランドの民族自決権を認める
2)北アイルランドの帰属は住民多数の意思によって決める
3)IRAが無力闘争を恒久的に放棄するならば、IRAの政治組織であるシン・フェイン党を和平交渉の場に参加させる

 問題は2)でした。プロテスタント住民が多数を占める北アイルランドでは、彼らが統一アイルランドに賛成するはずがありませんでした。つまり、「住民多数の意思」は実際はカトリック住民が要求している「統一アイルランド」に賛成に対するプロテスタントによる「拒否権」であるとシン・フェイン党はみなしました。

 IRA内部でも、意見が分裂してゆきます。映画ではその様子が描かれています。YOUSEはYouの複数形。アイルランド英語独特の表現です。

Man
WHAT HAPPENED TODAY MAKES US LOOK BAD, UNDERSTAND?
MAKES US LOOK DIVIDED.
あんなことしたらこちらに不利だ。仲間割れに見える。

Man #2
YOUSE WANT A CEASEFIRE.
和解する気だろう

Hughes
WE’RE NOT THERE YET.
まだできない

Gerry 
WE’RE NOT THERE, BUT YOUSE ARE.
俺たちはな そっちは?

Hughes
THE BRITS ARE TALKING ABOUT A SERIOUS–
英国側が言うには

Gerry 
A DOCUMENT OF SURRENDER. THAT’S WHAT’S ON THE TABLE.
降伏の文章だ。それを差し出した

Hughes
THE BRITS ARE TALKING ABOUT A SERIOUS RESPONSE TO ANY GESTURE WE MAKE.
英国側は容赦しないと言ってきてる

Gerry
THEY’VE NO FUCKING RIGHT! NO FUCKING RIGHT!
降伏なんて恥だ。絶対にできん!

Hughes
THE LEADERSHIP DECIDES, GERRY.
上が決めた

Gerry
YOU DON’T REPRESENT US. YOU NEVER FUCKING HAVE.
お前らはボスじゃない。指図するな

Hughes
THE LEADERSHIP DECIDES, GERRY. NOW COP YOURSELF HOME.FUCKING CHILD.
従えないというなら今すぐ帰れ。お前はガキだ。

 IRAの問題は、一度始めた戦いを終わらせることの難しさを表しているような気がします。実際の和平が実現するまでさらに数年、1998年のブレア首相の時代まで時間を要することになるのでした。

▽Shadow Dancer Trailer

(*)参考文献
IRA(アイルランド共和国軍)-アイルランドのナショナリズム

LINEで送る