映画 The Edge Of Love でウェールズ英語

ETCマンツーマン英会話 ウェールズを代表する詩人、ディラン・トマスに関する実話に基づくフィクション。物語の始まりは1940年、ドイツの空爆が続くロンドンの街で、ヴェラは幼馴染のディラン・トマスと偶然再会をします。初恋の相手ディランにときめくヴェラですが、彼は既にキャトリンと結婚をしていました。ヴェラはディランへの断ち切れないまま、軍人のウィリアムと結婚。ところが、ウィリアムは戦場へと赴いてしまった後、ディランとキャトリン、そしてヴェラによる三人の共同生活が始まります。

 劇中、ディランが生活のために、ストランドフィルムでプロパガンダ用映画のスクリプトをいやいや書いている様子が描かれています。また、紙切れに走り書きされた『Among Those Killed in the Dawn Raid Was a Man Aged a Hundred』を、ベッドの上でキャトリンに読んで聞かせるシーンも。また、彼は既にチャールズ・ロートンを意識していたのか、ヴェラから「そのposhな(気取った)アクセントはどうしたの?」と指摘されてしまいます。

 一方、ヴェラを演じたキーラ・ナイトリーのウェールズ訛りが素晴らしいと絶賛されているようです。同作品の脚本家でもある彼女の母のシャーマン・マクドナルドは、スコットランドとウェールズのハーフ。彼女は、子どもの頃から母のウェールズ訛りには親しんでいたとのこと。

 面白いのは、ウェールズ出身のディラン・トマスを演じたマシュー・リスはウェールズ出身ですが、ウェールズ訛りの英語を話さなかったディラン・トマスを忠実に演じているようです。また、アイルランド出身のキャトリンを演じたシエナ・ミラーはアメリカ生まれのロンドン育ち。そして、ウィリアムを演じたキリアン・マーフィーはアイルランド生まれ。撮影の間中、セットに必ず誰かがいて、「今の話し方どうだった?」と、お互いがお互いのアクセントをチェックし合っていたそうです。

 実際のディランとキャトリンの写真を見ると、映画で演じていた二人がかもし出していた雰囲気と非常に似ていることに驚きます。ヴォラも、キーラ・ナイトリーに負けずとても美しい女性だったことがわかります。
ETCマンツーマン英会話

ディランとキャトリン

Vera Phillips

ヴェラ・フィリップス

 ディラン・トマスの生涯とその作品については、チャールズ先生出演のRadioETCでも紹介しています。是非、こちらも試聴してみてください。

▽チャールズ先生(横浜関内)出演 RadioETC
Dylan Thomas From Grave to Cradle

(*)参照リンク
Dylan Thomas and the Edge of Love