マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • 映画『The Newton Boys』(ニュートン・ボーイズ)でアメリカ・テキサス英語マンツーマンレッスン

     

    ETCマンツーマン英会話プライベートレッスン

     ニュートン・ギャングはアメリカのアメリカの犯罪史上最も成功したと言われる実在の銀行強盗。11人兄弟の内、Willis、 Wylie (Doc) 、Jessそして Joeの4人がそのメンバーでした。「絶対に人は傷つけない」というのが彼らのモットーで、強盗にも関わらず米国内での人気が高く、また4人とも長寿を全うしたことでも有名です。(Willisは享年90歳、Wylie 83歳、 Jess 73歳、Joe 88歳)

     時代は1920年代前半。この年代はしばしば、"狂乱の20年代"とか"ジャズエイジ"と呼ばれ、繁栄と戯れの時代だったとも言われています。失業率は下がり、労働者の賃金は全体的にアップして、一般庶民も、自動車、ラジオ、冷蔵庫のような目新しい商品に手が届くようになりました。

     しかし、富の大部分は、社会のピラミッドの頂点にいる、ごく少数の人々に握られていました。ピラミットの底辺には、田舎で貧しく暮らす黒人や白人の小作農や、失業中か、まともに暮らしていけないほどの賃金しかえられない移民の家族が都市部に暮らしており、社会の格差が広がっていた時代でもあります。

     映画の冒頭では、テキサス州オマハの街角でバプテストの孤児救済基金を募る三人の少女がこんな歌を歌う姿が描かれています。Willisは立ち止まり、ポケットにあった4枚のコインのうち3枚を募金します。

      Guide us to thy side Lord, guide us to thy side 、
      The pathway of the Lord's Angels can have no Earthly goal
      but good are cold and silver win, the Devil wins your soul
      Guide us to thy side Lord, guide us to thy side
      Take wish God will pave, his hour is now known
      but he helps those that help themselves and protects the weak from cold

      主よ 我らを導きたまえ どうか主の おそばに 
      正しき者の道は 世俗の富など求めない
      金銀財宝が何になろう 悪魔に魂を奪われたなら
      主よ 我らを導きたまえ どうか主の おそばに
      主の愛は無償のもの 愛は絶えることなし
      主は自らを助くる者を助け 強き者より弱き者を守る

     「悪魔に魂を奪われたなら、金銀財宝に何の価値があろう。」 これがこの映画の一つのテーマなのかもしれません。

     ニュートン兄弟はテキサス州ウバルデ郡の貧しい小作農の生まれ。映画でWillisを演じたMatthew David McConaughey(マシュー・デヴィッド・マコノヒー)もウバルデ郡の生まれだそうです。 Willisは無実の罪で収監されていました。

      I ain't done nothing. (アイ エイント ダン ナッシン)
      俺は無実だ。

     "I haven't done anything.が文法的に正しい言い方ですが、"ain't"と"nothing"で二重否定とすることで、意味が強調されています。「自分は悪いことなど一切やっていない」と自身の潔白を訴える強い気持ちが伝わってきます。二重否定は南部アメリカ英語でよく耳にする表現です。

     前科者のレッテルを貼られてしまったWillisは、銀行強盗によって効率よくお金を手にする方法を画策します。

      I can take care of  the getting in and getting out...
      (銀行への)侵入、逃走方法についてはおれに任せろ

     テキサス英語の発音の特徴で、canがkin(キン)のように、gettingは最後のg音が省略され、getがgitに近くなり、gittin(ギティン)のように聞こえます。

     映画の最後には、WillisとJoe本人が登場したインタビュー映像が挿入されています。Willisはドキュメンタリー番組、JoeはNBCの『The Tonight Show』に出演した時の映像のようです。 バリバリのテキサス英語を話すJoe本人と、インタビューアJohnny Carson(アイオア州)の英語の違いも興味深いです。以下はWillisのインタビューから。

      When I first thought of robbing banks,
      I never thought of hurting anybody.
      I knew all of them bankers was rich,
      and they didn't care about hurting us poor farmers.
      So why should I care about hurting them?
      強盗して人を傷つけようとは思わんかった
      銀行は皆金持ちだが、
      わしらみたいな貧乏人のことを痛めつけることには無関心だ
      だから、わしらも連中には連慮せんよ

      Why shouldn't I steal from them?
      It's just one thief stealing from another.
      銀行は泥棒だ
      わしらは泥棒から盗んだのさ

     現在日本では社会の格差が広がり、1920年代ののアメリカに似てきているのかもしれません。ニュートン・ボーイズのポリシーに傾倒せずとも、お金とは何か、教育とは何か、そして罪とは何か、社会通念に左右されずに、まずは自分自身の規範をしっかりと作ることが必要とされる時代になってきているように思います。

    The Newton Boys trailer

    (*)参考図書
    学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史〈下〉1901~2006年

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る