映画『Talladega Nights The Ballad of Ricky Bobby』(タラデガ・ナイト オーバルの狼)で南部アメリカ英語マンツーマンレッスン

ETCマンツーマン英会話 南部アメリカで英語では、大人の女性に対して尊敬の気持ちを表したい時、丁寧な言葉遣いをしたい時に、”Ma’am“という言葉を添えます。これは相手の女性が既婚者、未婚者に関わらず使用可能とのこと。発音も特徴的で[mɑ'ːm](マーム)ではなく、[mayum](マェーィム)のようになります。

 Did you do your homework last night?
 (昨晩宿題をやりましたか?)
 No, ma’am.
 (いいえ、先生/お母様)

 映画『Talladega Nights The Ballad of Ricky Bobby』の主役リッキーと彼の幼馴染で親友でもあるキャルはサウスカロライナ州の出身。次から次へと飛び出すジョークもすべて南部訛りになっています。

 次のシーンは食事前のお祈りの場面。”Dear Load baby Jesus”(赤ん坊のイエス様)と常に”baby”ということはおかしいと妻のカーリーから指摘をされます。ところがリッキーは、Wel, I like the Christmas Jesus best“(俺はクリスマスのイエス様が一番好きなんだ)と反論。すると自由奔放に育てられた息子2人、さらにはキャルまでが自分達が好きなイメージのイエス様について語りだします。

 なかなかお祈りが前に進まなことに痺れを切らしたカーリーが、悪乗り気味のキャルを一喝します。動画の一番最後です。

  Hey, Cal? Why don’t you just shut up? 
  キャル 黙って
  Yes, ma’am.
  はい、奥様

(*)参考リンク
How to Speak with a Southern Accent