映画『The Big Lebowski』(ビッグ・リボウスキ)でアメリカ・テキサス英語マンツーマンレッスン

ETCマンツーマン英会話 イギリスの小説家キングズリー・エイミス(Kingsley Amis)の『One Fat Englishman』という作品の中に、次のような一説があります。

 Ah, Apollo jars.
 Arcane standard, Hannah More.
 Armageddon pier staff.

 これは、eye dialect(視覚方言)といって、文学作品などで標準的なスペルではなく、発音通りに綴ったものです。実際は、次のように言っていたと推測されます。

 I apologize.
 I can’t stand it any more.
 I’m a-gettin’ pissed off .

 イギリス人のキングズリー・エイミスには、南部アメリカ英語が先のeye dialectのように聞こえていたいうわけです。英語を母国語とするイギリス人にとっても、南部アメリカ英語の発音は風変わりで興味の引くもののようです。

 映画『The Big Lebowski』の舞台は、ジョージ・ブッシュ大統領がイラクに侵攻を決めた1991年のアメリカ、ロサンゼルス。しかし映画は謎のカーボーイのテキサス訛りのナレーションで始まります。映画を監督したコーエン監督の台本には、このテキサス訛りがしっかりとeye dialectを使用して表現されていました。

“Big Lebowski” Scriptより

A way out west there was a fella, fella I want to tell you about,
fella by the name of Jeff Lebowski. 
At least, that was the handle his lovin’ parents gave him,
but he never had much use for it himself.
This Lebowski, he called himself the Dude. 
Now, Dude, that’s a name no one would self-apply where I come from.
But then, there was a lot about the Dude that didn’t make a whole lot of sense to me.
And a lot about where he lived, like- wise.
But then again,  maybe that’s why I found the place s’durned innarestin‘.(so damn interesting)

They call Los Angeles the City of Angels.
I didn’t find it to be that exactly,
but I’ll allow as there are some nice folks there.
‘Course, I 
can’t say I seen London, and I never been to France,
and I ain’t never seen no queen in her damn undies as the fella says.
But I’ll tell you what, after seeing Los Angeles and this a here story I’m about to unfold,
wal, I guess I seen somethin’ ever’ bit as stupefyin’ as ya’d see in any a those other places,
and in English too,
so I can die with a smile on my face without feelin’ like the good Lord gypped me.
Now this story I’m about to unfold took place back in the early nineties,
just about the time of our conflict with Sad’m and the Eye-rackies. (Irques)
I only mention it ’cause some- times there’s a man.
I won’t say a hee-ro, (hero) ’cause what’s a hee-ro?(hero)
but sometimes there’s a man.
And I’m talkin’ about the Dude here
sometimes there’s a man who, wal, he’s the man for his time’n place, he fits right in there
and that’s the Dude, in Los Angeles
and even if he’s a lazy man, and the Dude was certainly that
quite possibly the laziest in Los Angeles County
which would place him high in the runnin’ for laziest worldwide
but sometimes there’s a man. . . sometimes 
there’s a man. Wal, I lost m’train of thought here.
But aw hell, I done innerduced (introduced) him enough.

遥か西にある男がいた。男の名はジム・リボウスキ。
両親がつけたその名を気に入らず自分のことを”デュード”(野郎)と呼んでいた。
俺の田舎じゃ誰も自分をそんな風に呼ばない。
だがデュードも奴の住んでいる街も俺の理解を超えている
だからこそ俺にとっては面白い街だ。
“天子の街”と呼ばれるロサンゼルス。
似合わない名だが、確かに良い奴らもいる。
俺はロンドンにもフランスにも行ったことがない。
旅先で上玉といい夜を過ごしたこともない。
だがね、ロスに来てこの話を聞いてしまえば、
他の街で見聞きする大抵の変わった話を知ったのと同じ事さ。
悪い人生じゃなかったと笑みを浮かべて死ねるというもんだ。
これは90年代初めに起こった話、サダムと一線を交えようって頃。
つまり、時として1人の男が、英雄の名は似合わない男だが、
デュードのような1人の男が、時として、その街と時代にぴったり当てはまる。
それがロスのデュード。普通の怠け者じゃない。ロスを代表する怠け者。
つまり世界でも指折りの怠け者ってことになる。
時として 1人の男が。
どこまで話したかな?紹介としては十分だ。

(*)参考図書
Accents of English 3: Beyond the British Isles (J. C. Wells 著)