映画『The Client』(依頼人)で南部アメリカ英語マンツーマンレッスン

ETCマンツーマン英会話 映画の舞台はテネシー州メンフィス。11歳のマーク・スウェイ役の配役に対する監督の注文は単純明快、「タフな子ども。そして、南部出身の少年であること」、この二つだったそうです。

 南部出身の少年に限定をしたのは、南部訛りのためだけではありませんでした。南部には独特の話し方のリズムがあり、そのリズムで話すためには南部出身であることが求められたのです。そして、5000人の候補者の中から、テネシー生まれのブラッド・レンフロが選ばれます。

 ということは、彼の話し方は南部訛りとそのリズムを学ぶのに良いお手本となりそうです。

 次の動画は、マークが弁護を依頼することになるレジーに出会うシーンです。南部アメリカ英語の特徴である、二重母音の”I”(アイ)が”Ah”(アー)、”my”(マイ)が”marh”(マー)、”right”(ライト)がrarht(ラート)等と言っているのが分かります。また、歌を歌っているようなマークの独特のリズムも感じられるのではないでしょうか。

Mark Sway:
When’s your boss returning?
Regina “Reggie” Love:
May I help you?
Mark Sway:
No, I need to see Reggie Love.
Regina “Reggie” Love:
Why, may I ask?
Mark Sway:
That’s between me and Mr. Love.
Regina “Reggie” Love:
I’m Reggie Love.
Mark Sway:
Shit. A woman lawyer. Great.
Regina “Reggie” Love:
I think so. Why is it. you think you want a lawyer?
Mark Sway:
I don’t want a lawyer. I hate lawyers.
Every lawyer I ever had shafted me and my mom.
I said I need a lawyer. But I don’t know about no woman.
Regina “Reggie” Love:
Well, this lawyer that shafted you, what was her name?
Mark Sway:
It wasn’t no her, it was a he.
Regina “Reggie” Love:
Right.
Well, why is it that you think you need a lawyer?
Mark Sway:
Because I’m Mark Sway.
Regina “Reggie” Love:
So?
Mark Sway:
The kid who found the dead guy. I’m famous. Don’t you read the paper?
Regina “Reggie” Love:
You haven’t answered my question.
Mark Sway:
Because I’m supposed to talk to Reverend Roy in 10 minutes.
Regina “Reggie” Love:
Reverend Roy Foltrigg?
Why is he called that?
Regina “Reggie” Love:
He quotes the scriptures in court|and knows the Bible better than God.
Mark Sway:
He wins a lot?
Regina “Reggie” Love:
Always.
Mark Sway:
Why can’t people leave me alone? Some sweaty guy kills himself–
Regina “Reggie” Love:
Why’d you lie to the police?
Mark Sway:
I didn’t. It says here in the paper.
Regina “Reggie” Love:
You found Clifford dead.
Mark Sway:
I did.
Regina “Reggie” Love:
Dead men don’t sweat… now, do they?

ETCマンツーマン英会話

テネシー州

LINEで送る