映画『Carla’s Song』(カルラの歌)でスコットランド英語

carlas_song グラスゴーでバスの運転手をしているジョージが偶然ニカラグア人女性のカルラに出会い、二人はニカラグアを訪問します。そして、変わり果てた姿になってしまったニカラグアの元恋人、アントニオを訪ねます。

 映画のタイトルにもなっている『Carla’s Song』(カルラの歌)とはどんな歌なのでしょうか。映画の最後にカルラが、アントニオのギター伴奏に合わせて歌います。タイトルは’GUERRERO DEL AMOR’(WARRIOR OF LOVE :愛の戦士)。

‘GUERRERO DEL AMOR’ 

Enviar_Letra Imprimir_Letra
Enviar letra a un amigo Imprimir letra
Te cambio una cancion por el coraje,
de tus jovenes manos combatientes;
fundidas al metal con que nos salvas.

Te cambio este amar la vida y sus promesas,
por el frio de tus pies entre los suampos;
fraguadon que se te quema el miedo y la nostalgia.

Autor anonimo de la alborada,
venado silencioso en la montana;
guerrero del amor
hijo de este tiempo,remolino
hombre nino parido pues en plena selva
para llegar al fin a la victoria para llegar al fin.

あなたに歌を歌ってあげよう
あなたは若いその手に銃を取り
私達を救うために
雄々しく闘ってくれた人だから
あなたに生きる喜びをあげよう
冬には沼地で足を凍てつかせ
夏の焼けつく暑さや
恐怖や寂しさに耐えた人だから
あなたは夜明け
山を駆ける鹿
愛の戦士
竜巻の息子
密林で生まれたあなたこそ
最後の勝利をつかむ人

 心に響く美しい歌。さてこの戦士はどんな敵と戦っているのでしょうか。ジョージの妹がアイリーンが当時(1987年)のニカラグアの情勢を説明します。

本編48分20秒ころから
Eileen:
There’s war. I’ve been doing it in modern studies.
歴史の授業で習ったわ

George:

There’s a wee bit a trouble, right enough.
もめてるそうだな

Eileen:
 
A wee bit a trouble?
もめてる?

George:

Alright, a war.
戦争だ

Eileen:
 
A war. You’ve just no got a clue.
本当にわかってる?

George:

Aye well, more or less.
少しはな

Eileen:
 
More or less?
少しは?

George:

Ach, Jesus Christ, can you stop repeating everything I say.
It’s really annoying.
いい加減に俺が言ったことを繰り返すのはやめろよ
じれったいなあ

Eileen:
 
George, this is embarrassing.
お兄さん、恥ずかしいわよ

There’s the Contras.
コントラって知っている?

Contra means against.
対抗って意味なのよ

Against what?
何に対抗している?

Against the revolution. Against the Nicaraguan…government, who are led by the Sadi…nistas.
革命に対抗し、政府に対抗する勢力
中心はサンディニスタで

Sadinistas are who kicked out the dictator, Samosa, in 1979, 
サンディニスタは独裁者のソモサを追い出した 1979年ね

and this is what’s confusing Father Murphy.
それがマーフィー神父を混乱させた

George:

What’s confusing Father Murphy?
マーフィー神父?

Eileen:
 
The US are calling them communists, but there’s three priests in the government.
And they’re gonna screw the Sandinistas.
米国は神父たちの政府を共産主義呼ばわりした
で、サンディニスタを迫害したの

George:

The priests?
神父たちが?

Eileen:
 
No you dumpling, the US.
違うわ 米国がよ

George:

Oh for fuck’s sake, this is fuckin’ confusin’.
クソ すごく複雑なんだな
5161YPPFMSL._SX230_

【参考図書】エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアを知るための45章 田中 高 (著)

 ”Oh for fuck’s sake, this is fuckin’ confusin’.”(クソ、すごく複雑なんだな)。コントラ(反政府武装右派ゲリラ)について知ろうとすればするほど、ジョージと同じ感想をもつのではないでしょうか。

 レーガン政権(1981年~1989年)は発足直後から旧ソモサ体制時代の国家警備隊のメンバーを中心とするコントラに秘密援助を開始しました。その額は1984年前でに1億ドル以上。85年には2700万ドル、86年には1億ドル(7000万ドルが軍事援助、3000万ドルが食料・衣料・医薬品などの人道援助)がコントラへ正式に援助されました。人道援助とはいえ、超大国が公式に武装ゲリラ組織に資金提供するとはとてもきわどい話です。そして、これらの援助のための資金はどのように捻出されたのでしょうか。

 86年11月、アメリカと敵対関係にあったイランに対して、武器商人を通して秘密裏のうちに武器を売却し、その利益をコントラやイスラエルへの秘密援助に充てたことを米国は正式に認めました。政権の中枢部にいた人々が反対したにもかかわらず、国家安全保障会議の若手スタッフの独断専行で、秘密取引が実行に移されたとのこと。

 アントニオが闘っていた敵はだれだったのか。その敵はどこから武器を調達していたのか。そして、その資金はどこから捻出されたものなのか。本当に闘っていたのは目の前の敵ではなかったのかもしれません。

 日本も武器輸出を再開しました。”Oh for fuck’s sake, this is fuckin’ confusin’.(クソ、すごく複雑なんだな)と唸りたくなる時代が、日本人のすぐ側に訪れようとしているのかもしれません。

http://youtu.be/iZLReZOORZI

LINEで送る