atheistの意味は? – Do not go gentle into that good night

atheistの意味は? – Do not go gentle into that good night

ETCマンツーマン英会話BBCのドキュメンタリー番組『Dylan Thomas From Grave to Cradle』を観ながらETC英会話のチャールズ先生(横浜関内)のレッスンを受けています。

チャールズ先生は英国で読詩の会の会長を勤めた経験もおありです。今回は朗読もしていただきました。

Dylan Thomasの有名な詩の1つ、”Do not go gentle into that good night”。この詩について、番組『Dylan Thomas From Grave to Cradle』では次のように解説しています。

“Do not go gentle in that good night”.
This simple, half christian, half pagan challenge to the power of death has universal appeal.
It is a villanelle.
A 19 line poem with only 2 lines and repeated chorus line.
Not easy thing to write it in English, but Dylan Thomas was precise as he was original about verse form.
It was written in 1951, for D.J, his father, who was dying, a retired, defeated school master.
But it is looked back over the poet shoulder, at once terrifying figure,
And an old fashion atheist you shake his fist at God and mess that he had made of the world.

(抄訳)
“Do not go gentle in that good night”.
この単純で、キリスト教徒者と無宗教者の両方の要素を併せ持つ死の脅威への挑戦は、世界中にアピールし続けています。
ヴィラネルという詩の形式です。
19行の詩の中に2行のコーラスラインが繰り返されます。
英語で作詞することは容易ではないのですが、ディラン・トマスは彼独自の詩形で忠実に作詞しています。
1951年、学校の教員であった彼父DJの死に際して書かれました。
しかし、同時にその詩の背景には、恐ろしい姿が見られます。
時代遅れの無心論者が、神に対して、そして神が創り出した混沌の世界に対して、拳を振るう姿です。

さて、“atheist”とはどのような意味なのでしょうか。

Transcript

So he doesn’t believe in God.
And he doesn’t miss believe in God.
So he doesn’t believe in Buda.
And he doesn’t miss believe in Buda.
And he just doesn’t know if the entity existed, so shaking his fist at him, “why is the world in a such terrible way?”, “why are we in peace and love you and another.

今日のキーワード

atheist
無神論者

shake one’s fist at ~
拳を~に対して振り上げる

Do not go gentle into that good night
チャールズ先生とディラン・トーマス像(スウォンジ/ウェールズにて)

チャールズ先生とディラン・トーマス像(スウォンジ/ウェールズにて)

Do not go gentle into that good night,
Old age should burn and rage at close of day;
Rage, rage against the dying of the light.
Though wise men at their end know dark is right,
Because their words had forked no lightning they
Do not go gentle into that good night.

Good men, the last wave by, crying how bright
Their frail deeds might have danced in a green bay,
Rage, rage against the dying of the light.

Wild men who caught and sang the sun in flight,
And learn, too late, they grieved it on its way,
Do not go gentle into that good night.

Grave men, near death, who see with blinding sight
Blind eyes could blaze like meteors and be gay,
Rage, rage against the dying of the light.

And you, my father, there on the sad height,
Curse, bless me now with your fierce tears, I pray.
Do not go gentle into that good night.
Rage, rage against the dying of the light

【日本語訳】
『ディラン・トマス全詩集
  
翻訳 松田 幸雄より 青土社

あの良き夜のなかへおとなしく入ってゆかないでください。
老年は日の暮れに燃え上がり荒れ狂うべきです。
怒ってください、光の死にゆくのを怒ってください。

臨終の賢人たちは、彼らの言葉が稲妻を裂くことが
なかったので、闇こそ正常と知っていますが、彼らは
あの良き夜のなかへおとなしく入ってはゆきません。

最後の波の寄せ際、自分たちの行いは儚かったが緑の入り江で
とても楽しく踊れたかもしれなかったと叫んでいる善人たちは
怒っています。光の死にゆくのを怒っています。

飛びゆく太陽をつかまえて歌い、それで途上の太陽を
深く悲しませたのだと後から気がつく荒々しい人たちは
あの良き夜のなかへおとなしく入ってはゆきません。

眼は盲いても隕石のように輝き健やかであり得るのを
消え行く視力で見ている、死の迫った真面目な人たちは、
怒っています。光の死にゆくのを怒っています。

そして、そこ、悲しみの絶頂にいる父よ。
さあ、あなたの熱い涙で私を呪い、祝福してください。お願いです。
あの良き夜のなかへおとなしく入ってゆかないで下さい。
怒ってください。光の死にゆくのを怒ってください。

番組情報

■出演
ETCマンツーマン英会話チャールズ先生(横浜関内)

■聞き手
・青樹洋文

◆使用楽曲 (BGM)
“Movie Star * (The Making Of X) by Loveshadow

◆ポッドキャストのダウンロードや購読は、iTunes – Podcast – 「RadioETC」からも可能です。

LINEで送る