“sound familiar”の意味は? – Dylan Thomas From Grave to Cradle

“sound familiar”の意味は? – Dylan Thomas From Grave to Cradle

ETCマンツーマン英会話BBCのドキュメンタリー番組『Dylan Thomas From Grave to Cradle』を観ながらETC英会話のチャールズ先生(横浜関内)のレッスンを受けています。チャールズ先生は英国で読詩の会の会長を勤めた経験ある方です。

英国ウェールズを代表する詩人Dylan Thomasの作品を通して、彼の人生についても触れてゆきます。

1953年11月3日の深夜、Dylan Thomasはニューヨークのバーで、18杯のストレートウィスキーを1人で飲み干し、そのことが原因で6日後に無くなったと信じられていました。

ところが、最近になって死因は酒ではなく、医師が投与した薬が原因だったことが判明したそうでうす。次のシーンです。

Between 2 and 3:30 am on the morning of November 3rd 1953, in this bar Dylan Thomas consumed 18 straight whiskies.
That is 18 English doubles rather than English singles.
He dies 6 days later of what one doctor described as this severe insult to his brain.
Does this story sound familiar to you?
I myself have read in no less an authoritive source than the rough guide to Britain.

[抄訳]
(1953年11月3日、深夜2時から3時半の間、ディラントーマスはこのバーで18杯のストレートウィスキーを飲み干しました。
シングル・ウィスキーではなく、イギリスで言うところのダブル・ウィスキーを18杯です。
その6日後に彼は死亡。死因はこの飲酒による脳への重大な障害であると、ある医者によって報告されました。
この話、お聞きになったことがあるのではないでしょうか?
私自身、英国のいい加減な旅行案内ではなく、権威ある情報ソースで本件について読んでいました。)

さて、“sound familiar”とはどのような意味なのでしょうか。

Transcript
チャールズ先生とディラン・トーマス像(スウォンジ/ウェールズにて)

チャールズ先生とディラン・トーマス像(スウォンジ/ウェールズにて)

Sound familiar”,
“Have you heard this all before?”
So, “have you hear this kind of story before”.
“Doesn’t it sound familiar?”
“Isn’t it a commonplace story?”
Maybe it is commonplace.
It is obvious.
You have heard that kind of thing happening before.
Does it sound familiar to you?

The recent hacking to death of a British citizen by Nigerians in London.
Does this story familiar to you?

今日のキーワード

sound familiar
聞き覚えがある

commonplace
ありふれたこと[もの], 平凡なこと[もの], 決まり文句

obvious
 (疑問の余地がないほど)明らかな,明白な

番組情報

■出演
ETCマンツーマン英会話チャールズ先生(横浜関内)

■聞き手
・青樹洋文

◆使用楽曲 (BGM)
“Movie Star * (The Making Of X) by Loveshadow

◆ポッドキャストのダウンロードや購読は、iTunes – Podcast – 「RadioETC」からも可能です。