“a pint of bitterと“a glass of beer”の違いは

“a pint of bitterと“a glass of beer”の違いは

ETCマンツーマン英会話映画『ウェールズの山 (The Englishman Who Went Up a Hill But Came Down a Mountain)』を観ながらETC英会話のジョナサン先生のレッスンを受けています。

今日はこんなダイアログから。
ウェールズ人の台詞はウェールズ訛りで読んでいただきました。

バーでビールを頼むシーン。2つの異なるシーンで、異なる表現が使われていました。

Morgan the Goat:
What’s yours?
Reginald Anson:
Well, um, that’s very kind.
I’ll, uh, have a pint of bitter, thank you.

Reginald Anson:
Sorry. Could l, um,
possibly have a glass of beer ?
Elizabeth aka Betty:
Do l look like a barmaid ?

さて、“a pint of bitterと“a glass of beer”では、意味やニュアンスにどのような違いがあるのでしょうか。

Transcript

“Bitter” is a kind of beer, and well it is quite bitter in taste.
So it came to be called “bitter”.
And “a pint” is a measurement.
So it’s 568 ml.
And in England we always drink beer in pints.
Firstly “a pint of bitter! is much more informal.
And “a glass of beer” is more formal.
And also “bitter” is a specific type of beer.
So you know exactly what kind of beer would be.
But if you just say “a glass of beer”, it could be lager beer or dark beer or bitter.
It could be anything.
I think it sounds much more a posh in English to say “a glass of beer”.

What’s yours.
What would like to drink?
What will you have?

今日のキーワード

bitter
ビター 《ホップのきいた生ビール;

pint
パイント 《液量の単位; =1/2 quart,4 gills; 略 pt.》:
a《主に米国で用いられる》 0.473 リットル.
b《主に英国で用いられる》 0.568 リットル.

lager beer
(ビール) 《低温で冷蔵して熟成させる; ⇒beer 【解説】》.

dark beer
黒ビール

《★【解説】 加熱殺菌してない生ビールを draft beer といい,そうでないものを lager という; 英国ではホップで苦みをつけた生ビールの bitter がよく飲まれる; 瓶詰のビールは bottled beer という》.

posh 
[時に軽蔑的に] スマートな(つもりの), ハイカラを気取った,上流社会的な.

番組情報

■出演
・ETCマンツーマン英会話ジョナサン先生(西武柳沢)

■聞き手
・青樹洋文

◆使用楽曲 (BGM)
“Movie Star * (The Making Of X) by Loveshadow

◆ポッドキャストのダウンロードや購読は、iTunes – Podcast – 「RadioETC」からも可能です。