マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • その四(後編): 五叉路を英語で言うと。。。

     

    ETCマンツーマン英会話 FEN,現在AFNに

    FEN(※1)のアナウンサーのマコーミック氏は中々面白い人で、ある時車で外に出かけたときでした。車が五叉路に差し掛かりました。十字路は「Crossroads」または「Crossing」、T字路は「T-junction」または「T-crossing」と言うのは知っていましたが五叉路は何と言うのだろうと思い彼に 「What do you call these crossings?」とききました。すると彼は即座に「Dangerous.」と言って返してきました。これには、完全に1本取られたなと思いました。

    (あまり使われている単語ではないようですが、五叉路は「a five-forked road」、三叉路は「a three-forked road」で通じます)亦、現在では車には方向指示器はウィンカーとなってついているのが当たり前ですが、大戦前後の昔は方向指示器は板が飛び出すものでした(※2)。そして、それが発明されるさらに前は方向指示器などというものは車にはついておらず、窓から右腕を出し右折の場合は水平に、左折の場合は肘から先を上にまげて合図を出したものです。その話をマコーミック氏に話して、もしアメリカでそういうサインをだしたらどうなるか、と聞いてみました。

    彼は即座に「You lose your arm.」と答えました。これには思わず笑ってしまいました。

    こんなユーモアのある会話を聞いていると、英語で話すことも楽しくなります。でも次回は「英語を話せる」というだけではだめという話です。

    ではまた。

    -----------------------------------------------------------------
    参考 (※1)Far East Network(米軍極東放送)、現在のAFN(下記
    参照)、810kHzにてラジオ放送。  
    http://www.kikuradio.com/info/afn.html

    資料提供:キクチラヂヲ堂さま  
    http://www.kikuradio.com/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    株式会社イーティーシー 
    代表取締役会長 福本光一郎 
    TEL (03) 3924-3853   
    FAX (03) 3978-0990

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る