マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • ネイティブスピーカーは正しい英語を話しません – トニー先生(荻窪/富士見ヶ丘) ETCマンツーマン英会話

     

    ETCマンツーマン英会話-トニー先生(荻窪/富士見ヶ丘)(*)「お父様看病の為英国帰国中のため2014年1月よりレッスン一時休止中」
    Q: お生まれはどちらですか?

     イングランド北部、ウエスト・ヨークシャーにある小さな町、ハダースフィールドで生まれました。かつて繊維産業が栄えていた場所です。周辺には石膏壁で仕切られた広大な草地や、牛や羊が放牧された農園が広がっていました。

    Q:来日された目的をお聞かせ下さい。

     日本人の妻がファッションデザイナーとしてのキャリアを継続するため、娘が日本の小学校に入学するために来日しました。ちょうど一年が過ぎたところです。

    Q: 職歴について教えていただけますか?

     この20年間はメキシコやホンジュラス周辺のとても美しい地域でスキューバダイビングのインストラクターをしていました。日本に来る前の10年間はドミニカ共和国に住んでおり、そこで妻と出会い結婚をし、娘が生まれました。また、私は美術家でもありグラフィックデザイナーでもあります。さらに、理系の学士号、美術の学位も取得しています。

     英語教育に関しては、メキシコのコミュニティーセンターで、子ども達にスキューバダイビングと共に英語のレッスンを行っていました。ドミニカでは美術とギター、そして英語の授業を組み合わせたユニークなレッスンを行っていました

    Q 私たち日本人は学校で長い時間をかけて英語を学ぶのですが、海外に行って話をしようとすると殆ど通じないことに驚きます。実際に日本の生徒さんと接してみて、どのような点が問題だと思いますか?

    ETCマンツーマン英会話-トニー先生(荻窪/富士見ヶ丘) 日本人の生徒さんが抱えている問題は、「ネイティブスピーカーが正しい英語を話さない」ところにそもそもの原因あります。イギリスでは特に、正しい英語、いわゆる「クイーンズ・イングリッシュ」を教えるアッパークラスの教育を受けない限り、自分が生まれ育った地域のスラングだけで会話をする傾向が強くなります。

     ロンドンではコックニー(Cockney)という独特な英語が話されていますし、そこから北に200マイル行ったあたりからさらに奇妙な英語に変わって行きます。リバプールではスカウス(Scouse)、ニューキャッスルではジョーディー(Geordie)。たくさんのスラングが存在して、発音の仕方も異なってきます。もはや「英語」とは言えないのかもしれません。

     私自身は、中米で英語を教えた経験から、はっきりと正しい発音で話すことを学びました。私のようにイギリス国外の旅行を多く経験したも方々も良い英語を話していると思います。他の国の人々に繰り返し「pardon?」と聞き直される度に、自分の英語が通じていないことを思い知らされるからです。

     しかし、このような経験のない生粋のイギリス人は、自分の話しが相手に理解されていないと分かったとしても、全く同じ事を大声で繰り返すだけかもしれません。自分の英語が世界中どこでも通じると思い込んでいるのです。

    Q: 先生の生まれ故郷のイギリス北部ではどのような英語が話されているのですが?

     まず、特徴的なのは発音ではt音が省略されます。例えば、

      a little bit of butter

    の、t音が抜け落ちて、さらにofの発音も変化して

      ァ リォッ ビォッ ァ バッアー

    のように聞こえると思います。よく使われるスラングでは、

      any road up

    という表現があります。「どちらにしても、同じことだ。(It doesn’t matter which way you do it. It is all the same.)」という意味のスラングです。また、次のような表現もよく耳にします。

      There's naught so queer as folk.
      That’s naught.

     「人間ほど奇妙なものはない(There is nothing so strange as people.)」、「何でもないよ(That’s nothing.)」と言う意味です。

    Q 学校で学んだ知識だけで、このような英語を理解するのは難しいですね。ネイティブ・スピーカーの英語がわかるようになるのには、どのような勉強をしたらよいのでしょうか?

    ETCマンツーマン英会話-トニー先生(荻窪/富士見ヶ丘) たくさんの映画を観ることをお薦めします。英語の字幕を表示して、俳優が行った台詞を何度も繰り返して言ってみるのです。モノマネをするように楽しみながらやるのがよいでしょう。

    Q この方法はヒアリングやスピーキングの力を付けるのにも効果的ですね。

     そうですね。ヒアリングやスピーキングの能力を鍛えるのであれば、自分自身の声が聞こえるように大きな声で音読をするのも良い方法です。また、その様子をスマートフォンなどに録画をして、自分自身が英語を話しているのをチェックしてみてください。どこを改善したらよいかということに気がつきます。

     覚えておいて欲しいことは「間違っても大丈夫」 (IT'S OK TO MAKE MISTAKES)とういこと。殆どのヨーロッパ人は英語を話すときに間違いますが、それを気にしすることはありません。秘訣はリラックスすること。そうすることで、ゆっくりとですが自信を付けて行くことができます。

    Q  レッスンはどんな形で進めて行くのでしょうか?

     英語を学ぶ目的は生徒さんそれぞれ異なっていますので、レッスンは生徒さん毎にカスタマイズしています。初回のレッスンはリラックスしたおしゃべりから。今まで旅行をした国、これから行ってみたい国、映画、アート、音楽、好きな曲、料理、等々。こんな会話を通して、どんな点に力を入れてレッスンをしたいのかが見えてくると思います。発音矯正なのか、厳しいレッスンカリキュラムが必要なのか。最終的に生徒さんご自身が選択して行きます。

    ETCマンツーマン英会話-トニー先生(荻窪/富士見ヶ丘)

    Q 最後に先生の趣味についてお聞かせください。

     趣味は作曲。私は自身はギタリストですが、電子音楽を制作するのが好きで、映像と共に動画配信サイトなどで作品を公開しています。音楽、アート、そして料理が大好きです。

    [了]

     

     ▽トニー先生出演のRadioETC

    トニー先生のレッスンが音声で聞くことができます。テレビドラマ『シャーロック』を見ながら、トニー先生のレッスンを受けています。

    人名に“the”を付ける意味は
    “off out”の意味は?
    “out of the depth”の意味は?
    "piss off"の意味は?
    “It could be”の意味は?
    “hang on”の意味は?
    “hung up”の意味は?
    “filling in”の意味は?
    “I’m desperate”の意味は
    コックニーの”h-dropping”とは?
    コックニーのglottal stopとは?

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る