映画『The Secret Life of Bees』(リリィ、はちみつ色の秘密)で南部アメリカ英語マンツーマンレッスン

MV5BOTgzNDIzMTM2OV5BMl5BanBnXkFtZTcwMTQzNTE4MQ%40%40._V1._SY317_.jpg 1964年のサウスカロライナ州シルヴァン郊外の農園で暮らす14歳のリリィ・オーウェンズ。

 制定されたばかりの公民権法に勇気を得て、選挙登録に向かおうとする黒人家政婦のロザリンは、その途中で白人の嫌がらせを受け、怪我をした挙げ句に警察に連行されてしまいます。

 リリィはロザリンを助け出し、亡き母と縁のある町ティブロンに向かいます。そこでボートライト三姉妹と出会います。

 リリィを演じるハンナ・ダコタ・ファニングはアメリカ南部のジョージア州生まれ。映画でも南部アメリカ英語を聞かせてくれているようです。

  I feel like I’m where I’m supposed to be.I really do.
  (ここには何か縁がを感じるの。本当に)

  Just need some time to figure out why.
  (何故なのかを探るために少し時間が欲しいだけなの)

 南部アメリカ英語の特徴の一つは、二重母音 [/aɪ/] が単母音化 [aː] するとういもの。

 上の台詞では、why (ホワイ)が、whar (ホアー)のように発音されています。

 ▽The Secret Life of Bees Trailer 

▽サウスカロライナ州
Map_of_USA_SC.jpg

 

LINEで送る