ジョニー・デップが演じるバリー氏もスコットランド英語~『Finding Neverland』で楽しみならマンツーマン英会話

ジェームス・マシュー・バリー ETCマンツーマン英会話

 友人のホーム;パーティで初めてスコットランド人にお会いした時、ある衝撃を覚えました。

 自己紹介で、”I am from UK.”と言わずに、”I am from Scotland”と言ったことでした。その当時の僕にはとても新鮮でした。ETCマンツーマン英会話のチャールズ先生いわく、このような言い方は、スコットランド人の独立心の表れとのことでした。

 そして、その方のスコットランド英語が全くわからなかったことも、その後に受けたもうひとつの衝撃でした。以来スコットランドにとても興味を持つようになったのです。

 最近、「この方もスコットランド人だったのか」と、あらためて気づくことがよくあります。日本語の情報の多くが、スコットランド人としてではなく、イギリス人として紹介されている場合が多いからです。出生地を調べて、初めてその方がスコットランド人だとわかります。

 『ピーターパン』の作者であるジェームス・マシュー・バリーさんもその一人です。バリーさんのピーターパン物語が生まれるまでのエピソードを描いた『Finding Neverland (ネバーランド)』という映画があります。バリーさんを演じたのはジョニー・デップさんです。彼はがこの映画でもスコットランド英語を披露しています。

 例えば、スコットランド英語では二重母音の/eɪ/が下記のように変化します。

   /eɪ/ ⇒ /e/

 greatは、スコットランド英語では敢えてカタカナで書くと「グリート」のように聞こえます。

 また、イギリス標準英語はnon-rhotic(ノン・ロウティック) なのに対して、スコットランド英語はrhoticです。たとえば、bearは、イギリス標準英語では

   /beə/

と、rの綴りがあっても発音しませんが、スコットランド英語では

   /be:r/

となりrを発音します。
   
 『Finding Neverland』の予告編を見てみましょう。公園でバリーさんが、大きな犬と踊るシーンに注目してください。「これはただの犬なんかじゃない。ちょっと想像力を使うだけで、僕には大きな熊(great bear)に見える」と言っている部分です。「グリート・ベーアr」と言っているように聞こえませんか。

http://youtu.be/hqXYTSYHFKI

  Just a dog? 
  … with just a wee bit of imagination, I can see the great bear.

 ”a wee”はスコッツ語で、”a little”という意味です。

※ETCマンツーマン英会話 イギリス出身の人気先生インタビュー
 ▽チャールズ先生(横浜関内)
 ▽コリン先生(松本)
 ▽パトリシア先生(浮間舟渡)
 ▽アリソン先生(生田)
 ▽ジェンマ先生(代官山)
 ▽ジョン先生(等々力)
 ▽マイク先生(富ヶ谷)

※参考図書
 ▽『英語音声学音韻論入門』 (Philip Carr 著)

※参考リンク
 ▽Scottish Online Dictionary

※関連ブログ
 ▽『ケジントン公園のピーター・パン』 - BiblioMania雪見
▽関連ブログ
 イギリス国旗とその成り立ち