マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • 食前の祈り セルカーク・グレース(The Selkirk Grace)

     

    120312120312.mp3 (2分08秒)
     2012年2月25日、チャールズ先生(横浜関内)が所属し、活動をされている「横浜・東京セント・アンドルーソサエティー」が主催するバーンズ・サパーに参加して来ました。

     バーンズ・サパーは、バーンズの作詞と言われている『セルカーク・グレース(The Selkirk Grace)』という、スコッツ語で書かれた食前の祈りから始まります。まずはお聞き下さい。

    Transcript

    セルカーク・グレース(The Selkirk Grace)

    スコッツ語:
    Some hae meat and canna eat,
    And some wad eat that want it,
    But we hae meat and we can eat,
    Sae let the Lord be thankit.

    英語訳:
    (Some have food and cannot eat,
    And some would eat that lack it,
    But we have food and we can eat,
    So let God be thanked.)

    日本語訳:
    「食物があるのに食べることが出来ない人たちがいる。
    食べることが出来るのに食物がない人たちもいる。
    しかし私たちには食物があり、食べることも出来る。
    さあ、神に感謝の祈りを捧げよう」

    番組情報

    ■出演
    ETCマンツーマン英会話のチャールズ先生
    ■聞き手
    ・青樹洋文

    番組の感想メールフォームから。

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る