マンツーマン英会話プライベートレッスン・英語個人レッスン・ETC英会話は基礎からビジネス英語まで

  • バーンズ・サパー ハギスのために(Address To A Haggis)

     

    120316120316.mp3 (4分47秒)
    2012年2月25日、チャールズ先生(横浜関内)が所属し、活動をされている「横浜・東京セント・アンドルーソサエティー」が主催するバーンズ・サパーに参加して来ました。

     ハギスはスコットランドの国民的郷土料理。すりつぶした羊の内臓と牛脂、みじん切りにした玉ねぎにオートミールを混ぜ込んだものを羊の胃袋に詰め込んで茹でたもの。バーンズ・サパーのメインディッシュです。バグパイプの演奏とともに入場しステージ中央のテーブルにおかれ、ロバート・バーンズの『ハギスのために(Address To A Haggis.)』の朗読とともに、ハギスが切られます。ナイフを入れたのはチャールズ先生。楽しいパフォーマンスに会場の笑いを誘っていました。

    Transcript

    Burns Original

    Fair fa' your honest, sonsie face, 
    Great chieftain o' the puddin-race! 
    Aboon them a' ye tak your place, 
    Painch, tripe, or thairm: 
    Weel are ye wordy of a grace 
    As lang's my arm.

    The groaning trencher there ye fill, 
    Your hudies like a distant hill, 
    Your pin wad help to mend a mill 
    In time o' need, 
    While thro' your pores the dews distil 
    Like amber bead.

    His knife see rustic Labour dight, 
    An' cut ye up wi' ready slight, 
    Trenching your gushing entrails bright, 
    Like onie ditch; 
    And then, O what a glorious sight, 
    Warm-reeking, rich!

    Then horn for horn, they stretch an' strive: 
    Deil tak the hindmost, on they drive, 
    Till a' their weel-swall'd kytes belyve 
    Are bent like drums; 
    Then auld Guidman, maist like to rive, 
    'Bethankit!' hums.

    Is there that owre his French ragout, 
    Or olio that wad staw a sow, 
    Or fricassee wad mak her spew 
    Wi perfect scunner, 
    Looks down wi' sneering, scornfu' view 
    On sic a dinner?

    Poor devil! see him owre his trash, 
    As fecl;ess as a wither'd rash, 
    His spindle shank a guid whip-lash, 
    His nieve a nit; 
    Tho' bluidy flood or field to dash, 
    O how unfit.

    But mark the Rustic, haggis-fed, 
    The trembling earth resounds his tread, 
    Clap in his walie nieve a blade, 
    He'll make it whistle; 
    An' legs, an' arms, an' heads will sned 
    Like taps o' thrissle.

    Ye pow'rs, wha mak mankind your care, 
    And dish them out their bill o' fare, 
    Auld Scotland wants nae skinking ware, 
    That jaups in luggies; 
    But if ye wish her gratfu' prayer, 
    Gie her a Haggis!

    Standard English Translation

    Fair full your honest, jolly face,
    Great chieftain of the sausage race!
    Above them all you take your place,
    Stomach, tripe, or intestines:
    Well are you worthy of a grace
    As long as my arm.

    The groaning trencher there you fill,
    Your buttocks like a distant hill,
    Your pin would help to mend a mill
    In time of need,
    While through your pores the dews distill
    Like amber bead.

    His knife see rustic Labour wipe,
    And cut you up with ready slight,
    Trenching your gushing entrails bright,
    Like any ditch;
    And then, O what a glorious sight,
    Warm steaming, rich!

    Then spoon for spoon, the stretch and strive:
    Devil take the hindmost, on they drive,
    Till all their well swollen bellies by-and-by
    Are bent like drums;
    Then old Master of the house, most like to burst, 
    'The grace!' hums.

    Is there that over his French ragout,
    Or olio that would sicken a sow,
    Or fricassee would make her throw-up
    With perfect disgust,
    Looks down with sneering, scornful view
    On such a dinner?

    Poor devil! see him over his trash,
    As feeble as a withered rush,
    His thin legs a good whip-lash,
    His fist a nut;
    Through bloody flood or field to dash,
    O how unfit.

    But mark the Rustic, haggis-fed,
    The trembling earth resounds his tread,
    Clap in his ample fist a blade,
    He will make it whistle;
    And legs, and arms, and heads will crop
    Like tops of thistle.

    You powers, who make mankind your care,
    And dish them out their bill of fare,
    Old Scotland want no watery ware,
    That splashes in small wooden dishes;
    But is you wish her grateful prayer, 
    Give her a Haggis!

    ハギスのために

    正直なおまえの笑顔に幸いあれ!
    腸詰一族の偉大なる王よ、
    おまえはその連中の上にどっかと腰をおろしている、
    胃袋や腸や内臓の上に、
    おまえはおれの長い腕くらい
    長ったらしい食前の祈りにふさわしい立派な食べ物だ。

    皿せましとどっさり山のように盛られているおまえ、
    おまえの尻はまるで遠くに見える山のようだ。
    おまえの焼き串、まさかのときには、
    粉挽機の修繕に大活躍だ。
    やがて、おまえの毛穴から滴がしたたり落ちる、
    琥珀色の玉のような滴が。

    見ろ! 田舎者労働者がナイフをぬぐい、
    器用におまえを切り刻んでいく。
    切り込みをいれるたんびに、
    鮮やかな中身がどうっとあふれ出る、まるでどこかの溝のように。
    そして、その時、おお、なんという神々しい姿が、
    もうもうと湯気をが立ちのぼり、なんと豪勢なことか。

    それから、一さじ一さじ手を伸ばし、せっせせっせと大奮闘。
    遅れた者には見向きもせず、むさぼり食らいつく。
    とうとうやつらの胃袋は
    はちきれんばかりの太鼓膜。
    それから亭主、今にも爆発しそうな腹を抱えて、
    食後の祈りをぶつぶつと口にする。

    フランス風煮込みや
    雌豚さえも見向きもしないごった煮や
    吐き気を催す蒸し焼き料理をくらいつき、
    こんな立派なご馳走を
    軽蔑の目つきであざ笑い、
    見下すやつはどこにもいやしない。

    哀れなやつを見ろ! つまらぬものばかり食べているやつめ。
    しなびた草のように弱々しい。
    脚はクモのように細長く、お上品な鞭みたいだ。
    握り拳はせいぜいクルミの大きさ。
    血なまぐさい戦場に突進するなんて
    どだい無理なこと。

    それにひきかえ、ハギスで育った田舎者を見ろ。
    歩むたんびに大地は震え、こだまする。
    その大きな握りこぶしに剣を持たせてみろ。
    ぐるぐるふってひゅーひゅー風を起こし、
    敵の脚も腕も頭もスパリスパリと切りまくる、
    まるでアザミの穂先を切るように。

    ああ、天使様。あなたは人類を庇護したまい、
    献立表を見せてくださる。
    古き良きスコットランドには水っぽい食べ物など用はない、
    器の中でじゃぼじゃぼ音のするような。
    しかし、天使様、あなたが感謝の祈りをお望みなら、
    スコットランドに、与えたまえ、ハギスを!

    (*)日本語訳
    『ロバート・バーンズ詩集 』(ロバート・バーンズ研究会編訳/国文社)より

    番組情報

    ■出演
    ETCマンツーマン英会話のチャールズ先生
    ■聞き手
    ・青樹洋文

    番組の感想メールフォームから。

    資料請求、トライアルレッスン
    時間・場所・その他条件にあった先生のお問い合わせはお気軽にどうぞ
    test_button2service_bottun
LINEで送る